赤ちゃん一時避難プロジェクト・湯沢町へ

【重要なお知らせ】赤ちゃん一時避難プロジェクト・湯沢へは終了しました。詳しくはこちらをご覧ください。(2011/9/8)

※以下、現在お越しいただいている皆様への支援内容です。

  • ◎ 費用は無償 →皆様には、宿泊費、食費などの負担はありません
  • ◎ 小さなお子さんとお母さん、またご家族での滞在も歓迎!
  • ◎湯沢町が自治体、宿泊施設、地域ぐるみで支援
  • ◎ 民間宿泊施設(ホテル、旅館、民宿など)の個室をご用意
  • ◎ 看護師、助産師、チャイルドマインダーなどがサポート
  • ◎ 滞在期間は7月25日までを予定

 

・運営は、NPO 法人 全国商店街まちづくり実行委員会NPO 法人 日本ファーストエイドソサェティアトム通貨実行委員会仙台支部[NPO連携]GANBARO↑MIYAGI/宮城復興支援センター NPO法人災害人道医療支援会(HuMA)が行います。

・湯沢町民よりみなさまへ「私たちも中越地震では全国のみなさんに助けてもらった。困った時はお互いさま。」

●お問い合わせはこちらへどうぞ 

赤ちゃん一時避難プロジェクト

電話:080-5063-0954

 

湯沢町みちのくコミュニティーセンター

電話:025-784-2505(8:30~17:00)

(「赤ちゃん一時避難プロジェクトの件で」とお伝えください)

 

【赤ちゃん一時避難プロジェクト・湯沢町へ 実行委員会】

湯沢町 町長 上村清隆
NPO 法人 全国商店街まちづくり実行委員会 理事長 安井潤一郎
NPO 法人 日本ファーストエイドソサェティ 代表 岡野谷純
アトム通貨実行委員会仙台支部
[NPO連携]GANBARO↑MIYAGI/宮城復興支援センター センター長 茂木秀樹
NPO法人災害人道医療支援会(HuMA) 理事長 鵜飼 卓

Twitter公式アカウント:@move_baby

・支援してくださる小児科医・保健師(看護職)・チャイルドマインダー・心のケア専門家も募集しています。詳しくはこちら

 


Powered by Wordpress. Theme: Supermodne.
WordPress SEO fine-tune by Meta SEO Pack from Poradnik Webmastera